ヒスパニック系のバイカーギャング

  • URLをコピーしました!

 アメリカ合衆国ではヒスパニック系のバイカーギャングが活動してきました。牛島万によればヒスパニック(Hispanics)とは「メキシコ以南のスペイン語を公用語とするラテンアメリカ地域の出身者とその子孫で、アメリカ合衆国の居住者」を指します(*1)。

 つまりヒスパニックは①「メキシコ以南のラテンアメリカ地域出身及びその子孫」、②「出身地域の公用語がスペイン語」、③「アメリカ合衆国居住」の3要件から構成されています。「ニューヨーク居住のスペイン人」はラテンアメリカ地域出身ではないので、ヒスパニックには該当しません。またメキシコ以南の「ジャマイカもしくはブラジルの出身でニューヨークに居住する人」は、出身地域の公用語がスペイン語ではない為、ヒスパニックに該当しません。メキシコ以南のスペイン語を公用語とする「アルゼンチン出身でメキシコに居住する人」も、アメリカには居住していない為、ヒスパニックに該当しません。ヒスパニックは「人種的区分」ではありません(*1)。

 2000年時点のアメリカ合衆国においてヒスパニック系人口は3,530万人強(2000年国勢調査)で、全人口の12.5%の割合でした(*1)。また2000年時点でヒスパニック系人口が25%以上の割合の州としてカリフォルニア州、アリゾナ州、ニューメキシコ州、テキサス州の4州がありました(2000年国勢調査)(*1)。4州ともメキシコ国境に接しています。ヒスパニックの中でメキシコ系は「チカノ」(Chicanos)と呼ばれる場合があります(*1)。

 1965年「ヴァゴス」(Vagos)がカリフォルニア州サンバーナーディーノで結成されました(*2)。ヴァゴスはヒスパニック系メンバーで構成されるバイカーギャングです(*2)。ヘルズ・エンジェルスも1948年サンバーナーディーノで結成しています(*3)。すでに同地域ではヘルズ・エンジェルスが活動していたのです。しかしヒスパニック系は人種的な理由でヘルズ・エンジェルスに入れませんでした(*2)。ヒスパニック系不良バイカー達の「受け皿」としてヴァゴスは結成されたのです(*2)。ヴァゴスは後に州外にも進出、また海外にも勢力を拡大していきました(*2)。ヴァゴスは別名「グリーン・ネーション」(Green Nation)とも呼ばれます(*2)。

 1969年東ロサンゼルスの刑務所内でチカノ系刑務所ギャングとして「モンゴルズ」(Mongols)が結成されました(*4)。モンゴルズは後にバイカーギャングに発展していました(*4)。モンゴルズは「ラ・エメ」(La Eme)というメキシコ系アウトロー組織と同盟を結びました(*4)。ラ・エメは「メキシカン・マフィア」(Mexican Mafia)とも呼ばれていました(*4)。

 2008年10月モンゴルズ全体の総長ドック・カバゾス(Doc Cavazos)とモンゴルズ構成員79人が逮捕されました(*5)。逮捕の3年前から捜査機関は作戦名「黒い雨」の下、モンゴルズに潜入捜査官を送りこんでいました(*5)。ドック・カバゾスらモンゴルズ側は殺人罪、殺人未遂罪、暴行罪、ヘイトクライムの罪、銃犯罪、麻薬取引の罪で起訴されました(*5)。当時のモンゴルズは「ヘルズ・エンジェルス」(Hell’s Angels)と抗争をしており、起訴にはヘルズ・エンジェルスの構成員を殺傷した罪も含まれていました(*5)。ヘイトクライムに関しては、該当のモンゴルズ構成員はアフリカ系アメリカ人を差別対象としていました(*5)。またモンゴルズ最高幹部らは東部のニュージャージー州アトランティック・シティを訪れ、同地を活動拠点とするペイガンズ(Pagans)と同盟の形成を図りました(*5)。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次