ワンパーセンターズとテンパーセントクラブ

  • URLをコピーしました!

 アウトロー組織のバイカーギャングは自分達の組織を「クラブ」と捉えてきました(*1)。一方の警察組織はバイカーギャングをクラブとしてではなく「ギャング」として位置づけていきました(*1)。

 バイカーギャングも広義には「バイカークラブ」と呼べるのでしょう。

 バイカーギャングは「ワンパーセンターズ」(1%ers)とも呼ばれてきました(*2)。「ワンパーセンターズ」の名称は、アメリカモーターサイクル協会(American Motorcycle Association)会長の発言に由来しています(*2)。

 1947年7月4日カリフォルニア州フォリスターでアメリカモーターサイクル協会下のイベント(イベントの通称名「ジプシーツアー」)がありました(*2)。アメリカモーターサイクル協会「非加盟のバイカークラブ」もジプシーツアーに参加していたのですが、非加盟バイカークラブの一部が暴動を起こしました(*2) (*3)。

 非加盟バイカークラブ「ピスト・オフ・バスターズ・フロム・ベルドゥー」(Pissed off Bastards from Berdoo)、「ブーズファイターズ」(Boozefighters)のメンバーらが暴動を起こしました(*2) (*3)。

 ちなみにピスト・オフ・バスターズ・フロム・ベルドゥーは「ヘルズ・エンジェルス」(Hell’s Angels)の前身です(*2)。

 フォリスターでの暴動を受け、アメリカモーターサイクル協会は非加盟バイカークラブを非難しました(*2)。またアメリカモーターサイクル協会会長は、アメリカ合衆国のバイカーは「99%の法を順守する市民」と「1%のアウトロー」に分けられると、述べました(*2)。つまりアメリカモーターサイクル協会会長は、加盟バイカークラブを「99%の法を順守する市民」、非加盟バイカークラブを「1%のアウトロー」と定義したのです。

 一方、非加盟バイカークラブ側は「1%」ワッペンを作るなど、「1%」という言葉を積極的に取り入れていきました(*4)。非加盟バイカークラブ側が「1%のアウトロー」をアイデンティティとしていったことが分かります。「1%」ワッペンは菱の形をしていました (*5)。

 ワンパーセンターズに対し「テンパーセントクラブ」(10% club)と呼ばれるバイカークラブがありました(*6)。テンパーセントクラブは、ワンパーセンターズ(バイカーギャング)同様、パッチ(組織専用ワッペン)を持っていました(*6)。パッチは「袖なしレザーもしくはデニムベスト」に縫い付けられ、パッチ付の上着は「カット」(cut)と呼ばれました(*7)。バイカーギャングの定例会では、構成員はカットを着用して出席しました(*7)。

 テンパーセントクラブはパッチを持っているものの、合法的領域にとどまるバイカークラブでした(*6)。

<引用・参考文献>

*1 『Biker Gangs and Transnational Organized Crime Second Edition』(Thomas Barker,2014,Routledge),p35-36

*2 『The Brotherhoods: Inside the Outlaw Motorcycle Clubs』(Arthur Veno,2012,Allen & Unwin),p23-24

*3 『アウトロー・バイカー伝説』(ビル・オズガービー、2008年、スタジオタッククリエイティブ),p28-29

*4 『アウトロー・バイカー伝説』,p31

*5 『Outlaws: Inside the Hell’s Angel Biker Wars』(Tony Thompson,2012,Hodder Paperback),p8

*6 『The Brotherhoods: Inside the Outlaw Motorcycle Clubs』,p57

*7 『Biker Gangs and Transnational Organized Crime Second Edition』,p9-10

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次