極東関口谷畑二代目佐藤会

  • URLをコピーしました!

 極東関口グループにおける東北地方の有力な組織として知られたのが、極東関口谷畑二代目佐藤会でした(*1)。佐藤会前身の佐藤組は、1962年秋田県本荘市(現在の由利本荘市)で佐藤儀一によって結成されました(*1)。1928年秋田県本荘市に生まれた佐藤儀一は、17歳の時極東関口谷畑初代の谷畑松五郎の子分になりました(*1)。谷畑初代のテキヤ組織の活動拠点は青森県五所川原市でした(*1)。谷畑初代の稼ぎ込みとして、佐藤儀一は北海道、東北、関東、北陸の街々を回り、テキヤ稼業の修行を積みました(*1)。

 佐藤組を結成した1962年、佐藤儀一は谷畑二代目を継承しました(*1)。1971年佐藤組は秋田市に事務所を置き、勢力拡大を図りました(*1)。1974年時の秋田県の主要なヤクザ組織は源清田会系グループ4団体180人、会津家会系グループ4団体150人、姉ヶ崎系グループ5団体120人などで、テキヤ組織の勢力が大きかったです (*1)。1974年時佐藤組の組員は40人でした(*1)。数に劣る佐藤組ですが、1974年5月会津家会系グループ、1975年4月源清田会系グループの銭谷一家(秋田県能代市)と抗争をしました(*1)。銭谷一家との抗争では、同年7月源清田会系グループの島影一家(新潟県長岡市)との争いに発展、佐藤組は島影一家組員を銃撃、重傷に至らせました(*1)。佐藤組は、発砲による殺傷手段を行使する好戦的な組織であったことが窺えます。

 1976年1月佐藤組は源清田会系グループの松田阿部義会、同年3月島影一家、同年4月住吉連合会系組織と抗争をしました(*1)。警察当局は「佐藤組壊滅第三次頂上作戦」を実施、1976年9月佐藤儀一を恐喝の疑いで逮捕しました(*1)。佐藤儀一は後に無罪となりました(*1)。この頃佐藤組加入を望む他組織の組員が増え、佐藤組は拡大してきました(*1)。

 1978年佐藤組は、山形市のテキヤ組織・奥州山口一家組員の引き抜きを図ったことで、奥州山口一家と対立しました(*1)。結果、佐藤組による引き抜きが認められる形で事態は終結しました(*1)。当時の佐藤組が他団体に無理を認めさせる力を持っていたことが読み取れます。1978年5月佐藤組は秋田県大館市を拠点にする姉ヶ崎グループの八神一家と、縄張りを巡り抗争をしました(*1)。同年7月、抗争により佐藤儀一は姉ヶ崎グループ組員に銃撃され負傷しました(*1)。その後、警察当局により佐藤儀一は逮捕され、懲役生活に入りました(*1)。相次ぐ抗争によって、佐藤組は「東北ヤクザ業界の中でも特筆する好戦的組織」として知られていったと考えられます。

 1982年佐藤儀一は懲役から帰り、翌1983年秋田市に新本部を設置、組織名を「佐藤会」に改めました(*1)。最盛期の佐藤会は青森県、秋田県、山形県の東北3県を活動範囲とし、青森県は五所川原市、弘前市、青森市、野辺地町、秋田県は秋田市、本荘市、横手市、山形県は山形市、天童市、鶴岡市などに支部を置いていました(*2)。佐藤会の直系組長(2次団体トップ)は28人、組員350~400人といわれました(*2)。

 1984年9~11月佐藤会は青森県の梅家連合会と抗争をしました(*1)。五所川原市を拠点とする佐藤会2次団体・山新組の青森市内進出が梅家連合会を刺激させたことが背景にありました(*1) (*3)。1986年東北のテキヤ組織は親睦団体「東北神農同志会」を設立しました(*1)。佐藤会の極東グループも参加しました(*1)。1987年8月2日午後1時ごろ、青森市浅虫温泉の市営駐車場で佐藤会と梅家連合会組員が衝突、佐藤会側が発砲、梅家連合会組員3人が弾を受けました(*3)。2人は死亡、1人は重傷を負いました(*3)。

 事件が起きた日の夜の浅虫温泉は、翌日開催される青森ねぶた祭の前夜祭として、花火大会が開かれる予定でした(*3)。花火大会の庭主が梅家連合会でした(*3)。庭主は、祭における露店の場所割りの決定権を持っていました(*4)。事件の背景には、梅家連合会が稲川会加入を表明したことがありました(*3)。梅家連合会も参加する東北神農同志会の会則二十七条には「広域博徒組織の傘下に入った組織は庭主の権利を放棄する」という内容がありました(*3)。稲川会は広域博徒組織に該当する為、東北神農同志会内の約束に従えば、梅家連合会は庭主の権利を放棄しなければなりません。しかし梅家連合会は約束を守らず、その為佐藤会が東北神農同志会を代表する形で攻撃したのでした。

 1989年11月、山形市を拠点にする佐藤会2次団体川村組は山口組系組織と抗争を起こしました(*1)。佐藤会の上部団体・極東関口の東京勢力の事務所も銃撃されるなど、抗争は広域的に展開されました(*2)。同年12月、和解により抗争は終結しました(*1)。1990年佐藤会内で主流派と反主流派が対立、分裂に至りました(*1)。反主流派のグループは山口組2次団体・芳菱会に入りました(*1)。1992年7月佐藤儀一は佐藤会を解散、引退しました(*1)。主流派は、山口組2次団体・山健組に入ったグループ、山口組2次団体・弘道会に入ったグループと2つに分かれました(*1)。結果的に、佐藤会は山口組に吸収された形になりました。

【広告】

<引用・参考文献>

*1 『実話時代』2018年3月号「シリーズ/組織と闘将 第三回 極東関口谷畑二代目佐藤会総長 佐藤儀一」(本郷海), p45-53

*2 『洋泉社MOOK・「山口組・血の四〇〇〇日」』(創雄社編、2000年、洋泉社), p132-136

*3 『SANWA MOOK ウラ社会読本シリーズ⑤ 極東会大解剖 「強さ」を支えるのは流した血と汗の結晶だ!』(実話時代編集部編、2003年、三和出版), p84-87

*4 『ヤクザに学ぶ 伸びる男 ダメなヤツ』(山平重樹、2008年、徳間文庫), p157

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次